院長がかかわるコンサートの予定

医学的なネタがない訳ではありません(11月末にはまた庄内地区医師集団会がありますがこの話はまた後ほど)が、趣味の音楽のお話です。

あと1ヶ月程ですが、11/21(日)は院長が所属する酒田フィルハーモニー管弦楽団の第38回定期演奏会です。会場は希望ホール大ホールで14時開演。

目玉の一つはチェロ協奏曲。
画像
日本国内で所有する人は岩崎さん一人(?)かもしれない、ストラディヴァリウスのチェロによるドヴォルジャークの名曲「チェロ協奏曲」は必聴ですよ!

もうひとつ、メインの交響曲は、酒田では「初演」となるサン=サーンスの「オルガン付き」。
希望ホールにはパイプオルガンが付いていないので、よそからオルガンを運び込んで大掛かりな演奏となります。オルガニストもオーケストラ・アンサンブル・金沢の本拠地石川県立音楽堂所属のオルガン奏者黒瀬恵さんに来て頂きます。
酒田ではあと何十年も演奏される事はないかも、、、です。


次に、当クリニック附属リハビリ室でもある「ジョンダーノ・ホール」で開催しているサロン・コンサートの第11回が決まりました。
画像


フラウト・トラヴェルソ奏者として活躍されている前田りり子さんにお出でいただくことになりました。
産業革命後激変した現代フルートの元の姿といいますか、木の管に穴があいていてそれを指で押さえる、日本の篠笛などと同じ様な構造のルネッサンス・フルートやバロック・フルートなどのいわゆるフラウト・トラヴェルソ(=横笛)のプロの演奏を生で聴く機会は滅多にありません。

おそらく酒田では初となると思います。

~~~~~
先日、好評を博した山形弦楽四重奏団の第3回庄内定期演奏会も、おそらく年明け2/11(金・祝)になりそうです。
こちらもどうぞお楽しみに!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック