12月のサロン・コンサートのご案内

もうすぐ12月になりますね。
冬を迎え暖房を使うようになると、部屋が乾燥しインフルエンザなどウィルス性疾患に罹りやすくなりますので、「手洗い、うがい、部屋の湿度を保つ」に気をつけて自己防衛を心がけましょう。


さて、本年最後の当院のサロン・コンサートのご案内です。
サロン・コンサート第16回「八百板正己チェンバロ・リサイタル」です。

画像


酒田はもちろん、山形県内でなかなか生の演奏を聴く機会のないチェンバロ。
当院の「ジョンダーノ・ホール」には、グランドピアノ以外にチェンバロが二台常設されています。一台は一段鍵盤フレーミッシュスタイル(林裕希作)、もう一台は二段鍵盤フレーミッシュスタイル(久保田彰作)です。

画像


演奏される八百板正己氏は、マスコミを賑わす様な意味での有名な方ではありませんが、山梨で開催される「国際古楽フェスティバル」で音大卒ではない経歴ながら3度もファイナリストになった実力派。
お隣の新潟県内を中心に活躍されている方です。

せっかく当院のホールに二台のチェンバロがあるので、異なる調律法を用いて「ルネッサンスからバロックの世界」を表現されます。八百板氏はお話も上手な方で、時代背景やその音楽の特徴などの解説を交えながら演奏をして頂く予定です。

どうぞお楽しみに!
(当院通院中の患者さんはお一人1000円でご鑑賞頂けます)


さて、院長は、先日(11/20)の酒田フィル定期演奏会も無事終了。
休む暇もなく慌ただしく11/23(水・勤労感謝の日)には山形市で「日本脳卒中学会認定専門医」過渡的維持試験第1回を受験してきました。
11/27(日)には、庄内医師集談会で発表あります。
昨年に引き続き、難治性頭痛、慢性頭痛、鎮痛剤乱用頭痛についてお話しする予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック