新人スタッフを宜しくお願いします!

当院は、H20年3月3日に開院してもうすぐ丸4年を迎えます。
この間、受付事務、看護師、技師などにはそれぞれの事情によって変動がありました。

長く放射線技師として務めて頂いていたAさんは、ご主人の転勤などのため昨年一杯で退職されました。診療において中心になって活躍されていた看護師Bさんは入職してから一人出産を経験、産休を経て復職後、昨年晩秋に二人目の妊娠がわかり、一人目のお子さんの世話と妊娠のことをきっかけに先月1月一杯で退職されました。

技師さんと看護師さんがいなくては日常に診療に大きな支障が出ます。パート勤務の看護師さんが頑張ってくれましたが、後は院長が採血、レントゲン検査、MRI検査、病歴聴取などほとんど一人でやらなければなりません。

お二人の退職がわかった昨年11月末から、ハローワーク、地元ミニコミ紙その他に「スタッフ募集」を出しておりましたが、なかなか看護師さんや放射線技師さんの求職はないのが実情です。

画像


残っているスタッフだけではかなりきついので、パートの事務職も募集。こちらはすぐに応募があり補充出来たのですが、なかなか看護師さんと技師さんの応募はありませんでした。
ところが、非常に幸いなことに、2月に入ってすぐに、看護師さん、つづいて技師さんの応募があったのです。面接の結果、お二人とも大変良い感じの方で、すぐに入職して頂くことが決まり、今日2月16日から勤務して頂くことになりました。

これで、受付事務は正職員とパートを含めて4名、看護師は正職員とパートあわせて2名、診療放射線技師1名、これに院長のあわせて8名の体勢が整いました。

MRI、レントゲン検査、超音波などの画像診断、血液尿検査、ウォーターベッドなどのリハビリ処置、外傷に対する処置、点滴や注射、認知症や抑うつ状態に対するスクリーニングテストなどは、これだけのスタッフが揃ってこそスムーズに行われるものです。

冬は灰色の雲に覆われその姿を見せることが少ない鳥海山。
院内もなんだか少しくらい雰囲気だったのですが、あたらしいスタッフが来たことでなんだか活気が出て、明るくなった気がします。写真の鳥海山の様に明るい美しい姿が見える様な感じです。

ほんの2週間でしたが、スタッフが揃わない間は、院長もスタッフもみなちょっと大変でしたが、これで落ちついて診療に集中出来ます。ちょうど真冬で、特に降雪の多い時期にあたり、患者さんの来院も減少する時期であったのは幸いでした。これから、特に3月4月と例年新患が増えて忙しい時期になります。

新しい看護師さん、診療放射線技師さんとともにスタッフ全員、明るく診療に頑張りますのでどうぞ宜しくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック