今週は庄内国際ギターフェスティバル

院長は、自らの趣味として音楽に関する様々な活動を行っています。
市民オケ「酒田フィルハーモニー」における活動はとても大切なもので、かなりの時間をこれに割いています。

当院の『ジョンダーノ・ホール』におけるサロン・コンサートも大事な活動の一つです。自らが楽しむだけではなく、患者さんや一般市民の方に小さなアンサンブルやソロの音楽を聴いて頂き楽しんで頂きたいと思っています。

その他におこなっているいくつかの活動として、山形交響楽団の庄内定期酒田公演の実行委員として、チラシ配布、チケット販売、当日の会場係などのお手伝いをしたりしています。

画像


写真は、「第3回庄内国際ギターフェスティバル in 響」のポスター。
平成22年8月24日(火)、そう今日から開幕します。
庄内町の響ホールを会場に、8/28(土)まで丸5日間に渡って、コンサート、公開マスタークラス、グループレッスン、アンサンブル講座などが、福田進一音楽監督を中心に複数の講師によって行われます。
受講者は、日本で、アジアで、ギターを学び、これからプロの演奏家を目指そうという方から、ハイレベルなアマチュアまで幅広く、また受講はしないけれどレッスンを「聴講」する生徒さんもいらっしゃいます。

院長は、なんと「フルート&ギター」のアンサンブルレッスンを受けることになりました。
アストル・ピアソラの「タンゴの歴史」から"CAFE 1930"という名曲をマスタークラスでレッスンして頂けるのです。ちょっと焦って一生懸命さらっていますが、練習する十分な時間がないため、毎晩診療終了後夜の9時過ぎまで練習しています。

おかげで、当院の警備会社から夜にクリニックに電話が入ります。
「あ、まだいらっしゃいましたか。今日はお帰りは何時頃になりますか?」
などと聞かれてしまい、「あ、そろそろ帰りますよ」と答えている状況です(笑)。

ギターや音楽に興味ある方、今週は本日8/24(火)にオープニング・コンサート、26(木)の夜は「フルート&ギター」コンサート、28(土)の夜は「ガラ・コンサート」の3つのコンサートが響ホールでありますよ。
チケットはまだあります。
当日券もあるようですのでどうぞ院長か響ホールにお問い合わせください。

"今週は庄内国際ギターフェスティバル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。