サロン・コンサート第19回のご案内

2012年4月15日(日)午後3時開演で、下記チラシの様にチェロのリサイタルを行います。

画像


原田哲男さんは、仙台フィルハーモニー管弦楽団の首席チェロ奏者。
オケ、アンサンブル、ソロなど多方面で活躍されている若手実力派です。

実は、昨年の1月でしたか、突然原田さんから院長に連絡がありました。「4月に仙台フィルの酒田公演があるので、その翌日が日曜日なのですが、ジョンダーノ・ホールで演奏させてもらえないか?」というお問い合わせでした。

サロン・コンサートをもっと盛んに行いたい、演奏して下さる音楽家を求めている院長にとっては音楽家の方から「演奏させてもらえないか?」というお問い合わせは望外の喜びでした。二つ返事でOKし、準備(チラシ作成、配布など)していました。


そして、3・11。
あの大震災。

仙台を本拠地としている仙台フィルは、演奏会場が地震のため壊れて演奏活動が制限されるようになりました。しばらく定期演奏会はできず、仙台市内のお寺、街中、ビルの前、路上などで、そしてより深刻な被災地に出向いて行ってヴォランティアの演奏活動を行っておられました。

当然、4月の仙台フィル酒田公演は中止になり、原田さんからも「申し訳ないがリサイタルも中止でお願いします」というご連絡をいただきました。チラシを作り、演奏会のつもりで準備はしていましたが、やむを得ない事情です。

そして、今年の4/14(土)、毎年4月に酒田公演を行ってきた仙台フィルが2年振りに演奏会を行うことになり、翌日の15日にジョンダーノ・ホールで昨年できなかったリサイタルを是非!と原田さんからご連絡をいただいた訳です。

院長は、中学と高校は仙台で卒業しており、仙台には友人や音楽仲間もおります。地元の山形交響楽団を愛する気持ちが一番強いのは当然として、同じ東北のオケとして、被災地のオケとして、本物の音楽家として仙台フィルを応援する気持ちを強く持っています。

4/14(土)は希望ホールで仙台フィルの演奏会(メインはベト7ですし、ブルッフのVnコンツェルトは4年前の酒フィル・オペラ「ラ・ボエーム」でゲストコンミスを務めて下さった仙台フィルコンミス神谷未穂さん)を。
そして、翌4/15(日)はジョンダーノ・ホールで「サロン・コンサート第19回 原田哲男チェロ・リサイタル」をどうぞお聴きください!

画像

"サロン・コンサート第19回のご案内" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。